2013年02月18日

色鉛筆。ちょっとノスタルジックに描いてみる。


成人の日に降った大雪でクルマが立ち往生し、やむを得ず駐車させていただいた島忠和光店さん。
ここへは時々買い物に行くんですが、先日もパーツクリーナーやらなんやらを買いに行きました。

ここは埼玉県和光市なんですが、白子川が県境になっておりかなり東京都と入り組んだ状態になっています。

で、島忠さんからちょこっと足を伸ばすと東京都練馬区土支田。

何を隠そう、私が2歳から24歳まで住んでいた所なんですね(生まれたのは兵庫県伊丹市)。

通っていた中学校も本当にすぐそば。
思わずフラフラと徘徊癖が出て、中学校までの通学路を歩いたりして。

実際、通学していたころは何とも思わなかった景色も、卒業後30数年も経ちゃぁ、違った風景に見えるってもんです。




中学校は県境の川沿いにあり、通学路も中学校に向かって下り坂に。

その通学路を歩いて行くと、「あ〜このお寺は変わってないな」「この家は昔のままだな」「ここは全部建て変わったな」と様々な思いが頭を巡り、道は鬱蒼とした木々の中へ。

傍らを通り過ぎたライトバンが下り坂に消えていくと、その先は通っていた中学校。

校庭でクラブ活動でもやっているのか、歓声が聞こえる。

中学校はまだ見えない。

坂を下りきったら、きっと目の前にさらに懐かしい建物が現れるな・・・・。


・・・・みたいにどっぷりとノスタルジーな感覚に浸ったアラフィフおっさんは、即座にカメラであちこち撮影し絵を描き始めると(笑)。

森本草介先生は「私の目にはセピア色のレンズがはまっている」と仰ったそうですが、私の目にも甚だ解像度は悪いようですが若干赤系のフィルターが着いているようで、実際の風景よりすこし赤被り気味に描いております。

実は茅場町にあるレクトヴァーソギャラリーにて、
Graphic Art Exhibition < 2013 >〜響感グラフィックの表現者〜というグループ展出展のお誘いをいただきました。
会期は5 月21 日(火)〜5月25日(土)(※日曜・祝祭日・月曜休廊)でまだ先なのですが、木製パネルに水張りしての納品ですので、旧作を出品するわけにはいかず新たに制作する必要があります。

この絵もそのグループ展向けに描いておりまして、P8号パネルにケント紙を水張りして支持体としております。

今後、この展覧会に向けて制作を続けていきます。

展示はパネルを額装なしで展示しますので、ダイレクトに画面そのものを感じていただけると思います。
ご興味ある方は是非ご来場ください。


「あの日の通学路 練馬区土支田」
20130218.jpg

サイズ P8号(33.3cm×45.5cm)
制作日 2013年2月

Facebookページでもリアルタイムで絵の記事を載せております。ご用とお急ぎでなければ是非・・・。
色鉛筆画家 林亮太 Tokyo Sketch


posted by Ryota at 16:24| Comment(4) | TrackBack(0) | 色鉛筆画/イラスト

2013年02月13日

色鉛筆。逆光を描き倒してみる。


前々回に描いた「吹上観音 和光市白子」の場所から、200mほど坂を登って行くと実に良い風景が現れます。

このあたりは武蔵野崖線と白子川沿いの低地が入り組んでおり、高低差がたくさんある地形。

そこに武蔵野を思わせる雑木林がまだあちこちにあり、東京(東京近郊)とは思えないのどかな風景が広がります。

吹上観音のある交差点から、ちょうど笹目通りと白子川に挟まれるように道が伸びています。

そこからちょっと台地の方へ坂道が伸びているのですが、まさに私を誘っているかのような道。

フラフラと上がっていくと、ふつ〜の住宅地なのですが実に魅力的。

さらに歩いて行くと、右手が上り坂、左手が下り坂(こっちがもとに道に戻る)の三叉路。

しかも分岐点の森にはお稲荷さん!

森の木立には背後から傾きかけた陽が注ぎ、鳥居や木の幹にキラキラと反射している。

これを描かずに何を描くのか??と、小一時間・・・・ww


逆光のなかでは正面に見える物体がほとんど影になります。

で、輪郭にうっすらとハイライトが現れる。これをデザインナイフでそぎ落とすようにラインを入れて表現します。

アスファルトの微妙な凸凹やマンホールにも光は反射します。

葉も陽を受けているところはほぼ白に近い黄色に反射しています。

これらも黄色をベースに塗り、その上からグリーン、ダークアンバーで影を付けた後デザインナイフで処理。

影とハイライト。これを交互に描いていくことで逆光の表現をしています。

夢中で描いた一枚ですね。


このあと左の坂を下りておうちに帰りました。


「おうちに帰ろう 和光市白子」
20130213.jpg

サイズ F8号(38cm×45.5cm)
制作日 2013年2月
posted by Ryota at 08:43| Comment(3) | TrackBack(0) | 色鉛筆画/イラスト

2013年02月06日

色鉛筆。細い棒をたくさん描く。


風景画を描くためにはネタとなる風景を見なければ描けません。

勉強のためや練習であれば、たとえば絵はがきや雑誌の写真を模写しても良いでしょう。
ただ、展覧会に発表したり、あるいはそこまでいかなくても自分のサイト上でアップして、不特定多数の方に自分の絵を見てもらうのであればやはりその絵はオリジナルでなければいけません。

少なくとも写真を模写するにしても自分で撮った写真、もしくは著作権がフリーのものである必要があります。

で、最近風景画を描くためのロケハンをちょっとサボり気味だったわけですね。

要はネタ切れを起こしておりました。

んじゃぁ静物画か人物画でも描くべかな・・・。と思いつつ過去のロケハン写真データを眺めておったわけです。

そこで目にとまったのが昨年5月頃にロケハンした北区十条あたりの住宅地。

ここの風景は今まで何枚も絵にしているのですが、ちょうど以前描いた絵のすぐそばの階段路地写真がひっかかり、早速それを元に描くことにしました。

いつも絵を描くときにはロケハンしたときのイメージが薄れないうちに描きます。
写真を参考にはしますが自分の目で見たイメージを大事にしたいからですね。

ただ、この時の写真は昨年5月。さすがに記憶も薄れがち。
それでもかなりの枚数撮影していたので、色々と脳内で再構成。

もとの写真がたまたま太陽が陰ったのか、若干日差しが弱い。
せっかくの階段路地なのに、手すりや柵がいまひとつディティールがはっきりしない。
そこで、かなりコントラストを強めに日光を再現してみました。
そうすると棒状の柵や手すりがはっきりして、何とも特徴的な風景になります。
しかし物事はほどほどが肝要で、やたらと棒状のものを描く羽目になりました。

以前描いた絵はこれ。
「青空めざして 北区上十条」
20120528.jpg
サイズ F8号(45.5cm×38cm)
制作日 2012年5月

この階段をあがり、視線を左に向けて見える風景が今回のこれ。
「階段路地 北区上十条」
サイズ F8号(45.5cm×38cm)
制作日 2013年2月
20130206.jpg

この絵の一番手前に描かれている白い手すりが、「青空めざして・・」の向かって右側の手すりです。
連作ではないですが、2枚続けて見ても面白いですね。

こういう棒状のものをたくさん描くときは、前々回のお稲荷さんもそうですが遠慮無く定規使います。
特にハイライト入れるために削るには必須ですね。

しかし棒が多いな・・・(笑)。

Facebookページでもリアルタイムで絵の情報を発信しております。どうぞご覧ください。
http://www.facebook.com/ryota884tokyosketch
posted by Ryota at 09:21| Comment(4) | TrackBack(0) | 色鉛筆画/イラスト

2013年01月29日

色鉛筆。森に佇むお寺を描く。


以前描いた板橋区成増〜板橋区赤塚の坂道と住宅地。この場所からさらに白子川に向かって坂を下り、白子川を超えると埼玉県和光市に入ります。

ロードバイクの時は、すぐ現れる交差点を右折して笹目通りを横断し、レインボーモータースクール脇を抜けて荒川サイクリングロードに向かいます。

ロードバイクの時に気になっていたのが、この白子川先にある交差点から見える「吹上観音」。

この道を抜けた笹目通りの交差点名も「吹上観音前」となっており、ランドマーク的になっていますね。

23区すぐそばでありながら、鬱蒼とした森とその入り口にある門。

臨済宗 建長寺派 東明禅寺(吹上観音)です。


この風景だけ見ていると、もう秩父の札所じゃないかって感じがします。

ロードバイクでクリート付きのシューズでは階段登って参拝・・・というわけには行かず、門の前だけで失礼しましたが時間あったらまたゆっくり訪れたい場所ですね。

今回はこの鬱蒼とした木々の描写に時間をかけました。

塗っては削りの繰り返し。緑だけではなく黄色、赤、茶色、黒、様々な色で「緑」を表現しています。


「吹上観音 和光市白子」
20130129.jpg

いつもはだいたいF8号サイズ(455mm×380mm)で描くのですが、今回は構図の関係上P8号サイズ(455mm×333mm)で描いています。
posted by Ryota at 07:49| Comment(4) | TrackBack(0) | 色鉛筆画/イラスト

2013年01月22日

色鉛筆。「赤」のある風景を描く。


ちょっと遅くなりましたが、人並みに初詣行ったりもします。

宗教的に何の拘りもないので、厄年の時は川崎大師に行ったりしますし、近所の神社にも行きます。

家の比較的近所に新井薬師という全国的にも有名なお寺があるのですが、初詣時はやはりものすごい人出。

もう25年以上前ですが、そんな大勢の人出のそばにある北野神社に初詣に行くようになりました。

この北野神社も新井薬師とも少なからず関係はありそうで、正月三ヶ日は結構な人出です。

その境内にお稲荷さんも鎮座されていまして、小さめの赤い鳥居が大変可愛らしい。

朝日の中に赤が映えて何とも美しい色合いでした。

それでもやはり神社仏閣を絵として描くとちょっと神聖な気持ちになりますね。


普通に日本の風景画を描いていると大々的に「赤」を描く機会はないのですが、神社仏閣を描くと鳥居や山門などの建物に「赤」が使われていることもあり、風景+「赤」を描くことが出来ます。

朝日+緑+赤。なかなか新鮮かつ神聖でした。

「街のお稲荷さん 中野区新井」
20130122.jpg

posted by Ryota at 08:11| Comment(3) | TrackBack(0) | 色鉛筆画/イラスト

2013年01月16日

色鉛筆。対比の面白さで描く。


前回は板橋区成増の三叉路を描きました。

実はあの場所は板橋区成増と赤塚の境になります。画面左手が成増、右手が赤塚ですね。
今回もほぼ同じ場所から赤塚方面を描いてみました。

この場所は荒川の支流(正確には荒川支流の新河岸川のさらに支流??)の白子川に向かって急速に土地が低くなっています。
その反面、武蔵野崖線が張り出しており、かなり高低差ある土地ですね。

荒川サイクリングロードを上流に向かう際、いつもロードバイクで通る場所でもあります。

遠景と近景、光と影、高低差、建物の新旧・・・様々な対比が見て取れる風景です。

今回、一度塗った空の色がどうしても気に入らず、消しゴムとデザインナイフで一度すべてはがしてから再度塗り直しました。

どうも空は思い通りに塗れないことが多い・・・。

まだまだ修行ですね。


「小春日和 板橋区赤塚」
20130116.jpg

posted by Ryota at 07:41| Comment(4) | TrackBack(0) | 色鉛筆画/イラスト

2013年01月04日

色鉛筆。年の初めは一番描きたいものを描く。


皆様、あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。

旧年中は当BLOGをご贔屓いただきまして誠にありがとうございます。今年も引き続きご指導ご鞭撻のほどお願いします。

さて、年初一発目の色鉛筆画。

やはり自分が一番描きたいものを描こうと。

実際には昨年末から描いていたものではありますが、年初発表の第一作はこれ。

住宅地、三叉路、坂道、溢れる日光、透き通る青空。

このあたりをすべて盛り込んで描いてみました。

「南向きの三叉路 板橋区成増」
20130104.jpg

昨年は後半かなり盛りだくさんですっ飛ばしましたが、今年は再び足下をしっかり固める年にしたいと思っております。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

posted by Ryota at 07:56| Comment(9) | TrackBack(0) | 色鉛筆画/イラスト

2012年12月21日

色鉛筆。室内の光を描く。


12月19日〜24日まで銀座ミレージャギャラリーで「2012展」に参加しております。

今年は色鉛筆教室の日程とかち合ったりして、ほとんど在廊できていないのですが、お近くにお越しの際は是非お立ち寄りください。

私の絵は、先日の個展に間に合わなかった絵を中心に6枚飾っております。

20121221B.jpg

私以外の作家さんも素晴らしい作品を展示しております。刺激になりますね。


さて、そんな中でも絵は描いているのですが、いつもちょこっとお酒飲んだりギター弾いたりしてお世話になっている板橋区仲宿のDream's Cafe

来年から第二水曜日に色鉛筆教室を行うことになりました。

参加費は1,000円。そしてお店に1オーダーしていただくことが条件になります。

あくまでもカフェですので、カルチャーセンターでの講座というよりは少人数のサロン的雰囲気で行いたいと思っております。

ご興味あるかた、是非ご参加ください。次回は2013年1月9日(水)19:00より行います。


さて、お世話になっているDream's Cafeですが、その店内風景を今回は描いてみました。

夜の帳が降りた19時頃。店内の照明と屋外の灯り。

それが様々に交錯し反射し、透過します。

その光と影をテーマに描いてみました。

「憩いの場所 Dream's Cafe」
20121221.jpg

是非お近くにお越しの際はお立ち寄りを。

posted by Ryota at 10:37| Comment(6) | TrackBack(0) | 色鉛筆画/イラスト

2012年12月14日

色鉛筆。抜け道を描いてみる。


私の地元は中野区なんですが、中野サンプラザやブロードウエイの印象が強い中野駅周辺ではなく、鷺宮〜上鷺宮といういわゆるフツーの住宅地なんですね。

最寄り駅も西武池袋線の富士見台駅か西武新宿線の鷺宮駅。

どちらも降りれば商店街はありますが、1分ちょっと歩くと完全な住宅地。

池袋、高田馬場、新宿にアクセス良い地域なため、学生向けの下宿なんかも充実してますね。

線路沿いにちょっと歩くと、すぐこんな風景が現れます。

思わず、向こうに見えるお店に向かって通り抜けたくなりますが、どうみても私有地ですよね。

あまりウロウロしていると通報されかねないのでこの辺で・・・(笑)。

「抜け道 中野区鷺宮」
20121214.jpg

さて、先日12月12日の水曜日。

板橋区仲宿のDream's Cafeにて、色鉛筆サロンを開催しました。

ドリカフェさんは中学校の同級生に紹介してもらったお店なのですが、毎週火曜日と木曜日などは自由に弾き語りなどで歌えるオープンマイク、そしてライブなどもできるカフェ。

私も12月1日に行ったギャラリーコンサートに向けて、何度もお店で演奏させていただいたりしました。

ウエストコーストロックがお好きなマスターとママのお人柄もあり、アットホームで非常に居心地の良いお店です。

今回の色鉛筆サロンは、初回ということもあり特に参加費などはいただかず、私が絵を描きそれを自由に観覧いただく。

そして画用紙と色鉛筆をお持ちいただければ、一緒に絵を描きましょうという非常にゆる〜い企画。


最初と言うことで手探りで始めましたが、私が到着する前からお待ちいただいた方が2名いらっしゃったり、その後も多くのお客様がいらっしゃっていただきました。

本当にありがとうございます。



こんな感じでお客様と絵を描きました。
20121214A.jpg


2時間半ほど店内で描きましたが、その時描いた私の絵。
20121214B.jpg


もうちょっと時間があればな〜。

今後は毎月第2水曜日、参加費1,000円+1ドリンクオーダーで行おうと思っております。




posted by Ryota at 08:45| Comment(7) | TrackBack(0) | 色鉛筆画/イラスト

2012年12月07日

色鉛筆。久々に地元の風景を描く。


12月1日にかねてからご案内しておりましたギャラリーコンサートを行い、無事終了いたしました。

絵を描きながらクラシックギターも演奏するという二足わらじの私ですが、それを素のまま見ていただくにはギャラリーコンサートが最適。

そしてそれを行うことが今年の目標でした。

おかげさまでほぼ満席。

自分の所属するギター教室の研究発表会や他の教室へのゲスト参加は行ってきましたが、自身の名前でソロのコンサートはクラシックでも他のジャンルでもやったことがなく、今回が初めて。

まさに、デビューコンサートでしたが、大過なく無事演奏することができました。

ご来場いただきました皆様、本当にありがとうございます!

そして会場となりましたイタリアンレストラン「Rucola」さんには非常にお世話になりました。

また、当日駆けつけていただいた中学校同窓生のみんな、ギター教室の皆さん、お忙しい中本当にありがとうございました!

曲目は
1. 無伴奏チェロ組曲第1番よりプレリュード BWV1007/J.S.バッハ

2. 無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第1番より ブーレー、ドゥーブル BWV1002/J.S.バッハ

3. 大聖堂(La Catedral)/アグスティン・バリオス

4. ノールウェーの森/レノン&マッカートニー

5. アストゥリアス/イサーク・アルベニス

アンコール. アルハンブラ宮殿の思い出/タルレガ

でした。最初一曲目はかなり上ずりましたが、演奏して行くに従って落ち着きも出てきて何とか最後まで楽しくプレイできたのではないかと思います。

準備期間はかなり憂鬱で逃げ出したくなりましたが、終わってみるとまたやりたくなると言う・・・

DSC06189.jpg

DSC06194.jpg

2012-12-01 19.16.05.jpg


さて、そんな中でも絵は描いておりまして、久々に地元中野区の風景でも。

以前、「緑の隧道」という作品を描きましたが、今回はそのすぐそば。

トンネルに至る少し手前の場所ですね。

ここもとても23区内とは思えない・・・。妙少寺川にほど近い住宅地です。

「木陰の三叉路 中野区白鷺」
20121207.jpg


posted by Ryota at 08:09| Comment(6) | TrackBack(0) | 色鉛筆画/イラスト

お帰りにクリックいただければ幸いです。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 美術ブログ 色鉛筆画へ

にほんブログ村