2013年09月19日

色鉛筆。近景と遠景の対比を描く。


9月16日よりようやく完全フリーランスとなりました。

会社退職の手続きや、個人事業主の登録、社会保険の切り替えなどでバタバタの毎日。

なかなか絵を描く時間もないなぁ・・・という所ですが、それでもちゃんと描いています。

まぁ、本当に好きなんでしょうね。

今回も場所は板橋区赤塚。

今までは自転車通勤で通過していた場所ですが、フリーになってからは比較的自由に自転車に乗れます。

毎朝一応乗ってはいるのですが、やはり赤塚あたりの風景は格別。

つい、今まで見逃していた場所などを求めてウロウロしちゃいますね。

そこで見つけたのが今回描いた景色。


赤塚には乗蓮寺という東京大仏で有名なお寺があります。

東京大仏ってたしか国内第三位の大きさなのに、イマイチ知られていない。

やっぱりまだ新しいからかな。

ま、とにかく高低差のある場所ですから、ちょっと気になった階段路地を上から見ようと近づいてみると・・・。

道路に向かって下りの階段があるのですが、道路の向こう側がまた高くなっている。

その高くなった場所に多い茂る樹木。

さらに樹木の向こうに乗蓮寺の屋根が顔を覗かせています。


これはちょっと23区内の景色には見えませんね。

近景の階段前にある手すり。遠景の乗蓮寺。

視点は高い場所から低い道路へ。そしてまた高い甍ね。

かなり空間的奥行きを感じる景色ですね。

このあたり、まだまだ良い景色がありそうです。

「乗蓮寺遠望 板橋区赤塚」
20130919.jpg

サイズ F6号(410mm×318mm)
制作日 2013年9月
支持体 BBケント紙
画材  カリスマカラー/三菱ペリシア
posted by Ryota at 22:47| Comment(5) | TrackBack(0) | 色鉛筆画/イラスト
この記事へのコメント
ついにフリーとして発進ですね! おめでとうございます。明るい前途とご成功を祈念します。
さて、今回の色鉛筆画も構図や質感から、すぐにRyotaさんの画とわかります。それって奏者の「音」や作家の文体のように、作品が顔になっているということですよね。依頼や要望に応える柔軟さも必要でしょうが、幹となる個性があることは素晴らしいと思います。
Posted by yoyo at 2013年09月20日 00:23
1本立ち(って言葉でいいのかな)
おめでとうございます!!
毎回、こればっかですが今日の絵も凄いです。高低とか遠近とか、こんな風に描けるって凄いです。
散歩に行きたい所がまたひとつ出来ました。
Posted by ましこ at 2013年09月21日 16:07
ご無沙汰していました。
お元気そうで何よりです。
そして新たな一歩を踏み出されたこと、お祝い申し上げます♪
以前アップされてた水辺の風景、うちの近所です(笑)
Ryoさんの手にかかると、何の変哲もない場所が魅力的な迫力を持つから凄いなぁと思います。
これからも作品楽しみにしていますね。
Posted by けい at 2013年09月22日 01:01
>yoyoさん。
ありがとうございます!何が嬉しいって、やっぱり個性を見ていただけるのが一番うれしいですね。
やはり誰が見ても私の絵ってのを描いていきたいですね。

>ましこさん。
ありがとうございます!何とか一人でやっていく目処は立ったように思うのですが、これから引き締めて頑張りたいと思います。
この赤塚ってところは本当に良いところです。是非散歩にいらしてください。

>けいさん。
ありがとうございます!ご無沙汰しています。
水辺の風景、ロケハンしているときに、けいさんのお近くなんだなぁと思っていました。
来年1月末ごろにまたZEROで展覧会をやる予定ですので、是非。
また飲みに行きましょうね。
Posted by Ryota at 2013年09月22日 05:58
フリーランスとしてスタートしたのですね。おめでとうございます。これまで以上におもいっきり幅広く活躍して下さい。w (^ω^)b
この金属感、本物を見ているようで、本当にビックリです。スゴイですねー。ここも段差のある面白い地形ですね。いろいろなアングルから描きたくなりますね。w (´∀`)ノ

(^ー^)ノシ
Posted by もっずぱんつ at 2013年10月31日 23:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/76110240
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

お帰りにクリックいただければ幸いです。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 美術ブログ 色鉛筆画へ

にほんブログ村