2013年07月05日

色鉛筆。歴史ある街を描く。


前回は珍しく雨の風景を描いてみました。

直射日光のない優しい光で描く風景もなかなかに難しく、かつ楽しくもありました。

ただ、やはり私の芸風は明るい光の溢れる風景かな。

E・ホッパーの絵みたいに「サングラスが必要」って言われたい。


そこで今回はまた明るい風景画。

そして東京近郊の観光地をチョイス。

以前、東京近郊の観光地で江ノ島の風景描きましたが、今回は埼玉県は川越。

ここ、観光地って感じは私自身あまりないんですけどね。学生時代なんかはただの地方都市的認識だったかな。


今回めがねを新しくする際にお世話になったお店が川越。

相方の母校も川越ということで、まぁ馴染みのある土地でもあるんですが。


で、先週の土曜日に川越をウロウロしていたんですが、いや〜人が多い。

いつの間にこんなに観光地化しちゃったんだろう?人力車は走り回っているし。

ネタはたくさん仕入れたんですが、あえて街のシンボルの蔵を描かかないのが私流。

今回の絵もあえて逆光で日差しの強さを強調してみました。

逆光になると細部が影になってわかりにくいんですが、資料写真のトーンカーブを思いっきりいじって細部を確認。

細かく描き込んでから、影で塗りつぶしていくというかなり自虐的作業。

でもこれをやらないとリアリティがないんですよね。

背後のマンションと前景にある伝統的ファサードの商店との対比が面白いですね。



小江戸に降り注ぐ午後の夏の日差し。人混みの切れた一瞬を切り取りました。

「日本の夏、小江戸の夏 川越市仲町」
20130705.jpg

サイズ A3(297mm×420mm)
制作日 2013年7月
支持体 ハーネミューレ・ボタニカル紙
画材  カリスマカラー・三菱ペリシア

この後、上福岡まで移動。

前々回、紫陽花の写真をご提供いただいたSさんのお店「銭湯カフェ 末広湯」にお邪魔しました。

もしかしたら上福岡でも色鉛筆教室もできるかも!

楽しい時間をありがとうございます!
posted by Ryota at 07:37| Comment(5) | TrackBack(0) | 色鉛筆画/イラスト
この記事へのコメント
Ryotaさんらしい視点ですね。ちょっと新鮮な川越です。
逆光の表現がお見事で、やっぱり思わず目を細めてしまいますよ。
Posted by yoyo at 2013年07月06日 19:22
これは眩しいですねw。サングラスが欲しくなりますね。今回も本当に細かく描かれていて素晴らしいです。日向と日蔭の気温差が分かりそうで凄いですね。w (´∀`)ノ

(^ー^)ノシ
Posted by もっずぱんつ at 2013年07月07日 00:07
yoyoさん、ありがとうございます!
逆光は難しいんですが、やっぱりこの独特の効果は捨てがたいですね。ちょっといつもと違う風景に見えますしね。

もっずぱんつさん、ありがとうございます!
正直、暑いのは苦手ですが、夏はやはりこの日差しがないと・・・。描いていて汗かきました(笑)


Posted by Ryota at 2013年07月07日 22:02
1度は行ってみたいと言いながら行ってない街が川越です。
対比、面白いです。
夏の空がステキだな。
Posted by ,ましこ at 2013年07月11日 08:27
ましこさん、ありがとうございます!
川越、面白いですよ。ただ、いわゆる蔵の街的観光スポットはこの交差点から伸びているメイン通り中心で、それ以外は普通の東京郊外のベッドタウンですね。所々にあるこういう対比が面白いです。
Posted by Ryota at 2013年07月11日 11:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/70515412
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

お帰りにクリックいただければ幸いです。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 美術ブログ 色鉛筆画へ

にほんブログ村