2013年06月30日

色鉛筆。雨の風景を描いてみる。


もともと脳天気なところがあるせいか、陽光溢れる明るい絵ってのが好みですね。
エドワード・ホッパーの絵のように「サングラスが必要だ」なんて言われてみたい。

で、風景画も今までずっと日の光を意識して描いてきました。
順光であれ逆光であれ、主役は太陽の光と影。

これが自分の芸風であったわけです。

たまたま前回、新たなチャレンジとして「紫陽花」を描かせていただきました。
これは静物画として花を描いたんですが、非常におもしろかった。

じゃぁ、未経験のものももっとチャレンジしてみるか!ということで描いたのが「雨の風景」。

光が強いと影も濃い。
要するにコントラストが強いわけですが、影を黒く塗り込めることで対象が浮かび上がります。
形がはっきりするわけですね。

逆に言えば、暗い部分のディティールはわからない。つまり描かなくていい。
これ、ある意味楽なんです。

ところが雨や曇りの風景だと、当然ながら日の光は弱い。影も濃くならない。
ものの形を際立たせるのが難しい。ディティールもしっかり描かなくてはならない。
遠景は雨に煙る。空気遠近法をさらに強調したような表現になる。

ということで、試行錯誤しながらも腰を据えて描いてみました。
場所は柳瀬川にかかる歩道のみの橋。
橋の向こうは大きなショッピングセンター。
ふだんは河原でのバーベキューやランニングする人、ショッピングセンターへの買い物客で喧噪ある場所。

ところが雨だと人の声はおろか人影すら見えない。
聞こえるのは雨音だけ。

そんな雰囲気を表現したかったですね〜。

あと、今回もボタニカル紙を使用したのですが、多色で混色して輪郭をぼかしていくと、そのままで水彩のようなタッチになることを発見。
これはケント紙とは違うおもしろい効果でしたね。意外に良いかも。

「五月雨 新座市大和田」
20130630.jpg

サイズ A3(297mm×420mm)
制作日 2013年6月
支持体 ハーネミューレ・ボタニカル紙
画材  カリスマカラー・三菱ペリシア
posted by Ryota at 14:32| Comment(6) | TrackBack(0) | 色鉛筆画/イラスト
この記事へのコメント
うわー、これは驚きました。
路面など材質の違う各所のウエット表現に絶句…。
ただコントラストを弱めた画質だけではとても出せないだろう、湿度のある空気を感じます。
Posted by yoyo at 2013年06月30日 19:35
参りました。
凄いです。
光と影も素晴らしいですが
雨もいいです。
Posted by ましこ at 2013年06月30日 23:13
これは本当に驚きですw。雨に濡れるアスファルト路面など、雨にぬれている様々な物の表現、これは写真と見間違いそうですね。素晴らしいです。w (^ω^)b
橋を渡る時、鳥さんがなごみますね。w (´∀`)ノ

(^ー^)ノシ
Posted by もっずぱんつ at 2013年07月01日 00:53
yoyoさん。
ありがとうございます!今回はとにかくいかにこの空気感を表現するか?が課題でした。いつもと違うウエット感が難しかったですね。

ましこさん。
ありがとうございます!いや〜色々と勉強になりました。また雨を描いてみたいですね。

もっずぱんつさん。
ありがとうございます!色々な材質がありましたからね。それぞれの反射率が違うので大変でした。
鳥さん、たくさん欄干にいますよ〜。
Posted by Ryota at 2013年07月01日 08:35
みごとな 雨風景です。
水溜りの光の反射とか…こんな風に表現できるものなんですね?すごいです。

Posted by マリノスケ at 2013年07月01日 08:54
マリノスケさん。
ありがとうございます!まぁ、とにかく観察ですよね。見たようにしか描けないですしね。まだまだ勉強です。
Posted by Ryota at 2013年07月01日 23:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/70239297
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

お帰りにクリックいただければ幸いです。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 美術ブログ 色鉛筆画へ

にほんブログ村