2013年03月26日

色鉛筆。日常見過ごしているものを描く。


昨今は自己アピールのためのツールが非常に豊富ですね。

10年くらい前まではホームページとせいぜいBLOGくらいしかなかったのが、今はtwitter、mixi、facebookをはじめとする各種SNSが充実し、いい気になって手を出していると収拾つかなくなっちゃう。

私も絵描きとしての情報発信はfacebookがメインになり、なかなかblogまで手が回らず・・・。つい更新もおろそかになりますね。
そういえばホームページも更新してないや・・・。

ありがたいことに、ここを見ていただいている方もいらっしゃいますので、ちゃんと更新しないといけませんね。

今回の新作はまたまた東京埼玉の境目、和光市から。

風景画を描く場所を決めるとき、その全体の雰囲気や建物と道とが織りなす構図、高低差などがその決め手となります。

今回はまぁ雰囲気も良いのですが、何となく日常的には当たり前すぎて見過ごしているものにあえて注目してみました。

それがカーブミラー。

どこにでもありますよね。フツーに。

コイツをドンと中心に据えて描いてみたらどうなるだろうと・・・。

ミラーに映っている景色も手を入れて描くと、何となく風景の二重写しみたいでこれはこれで面白い。

絵のネタとなった景色は冬の午後ですが、何となく暖かい日差しも今日のような寒い日にはぴったりですね。

「カーブミラーのある抜け道 和光市白子」
20130326.jpg

posted by Ryota at 08:44| Comment(3) | TrackBack(0) | 色鉛筆画/イラスト
この記事へのコメント
はい、寄らせてもらいますよ(笑)。
カーブミラー。あらためて見るとけっこう大きくて存在感ありますね。自然と目は行くのですが、いつもチラ見という感じです。やっぱり絵を描くという意識で見ると、新鮮に映るモノというのがあるのでしょうね。
Posted by yoyo at 2013年03月26日 23:15
今回の絵も本当に素晴らしいですね。特にカーブミラー周辺は光のコントラストが本物で一瞬写真と見間違えそうになります。凄いですね。車両が通り抜けられないこの先を歩いてみたくなりました。w (´∀`)ノ

(^ー^)ノシ
Posted by もっずぱんつ at 2013年03月26日 23:17
yoyoさん、ありがとうございます!
まぁ、カーブミラーはクルマ運転していれば嫌でも見ているわけで、もう完全に日常の一部ですよね。改めて描いてみると、単純なようで意外に面白い造形ですね。

もっずぱんつさん、ありがとうございます!
やはり影と光が織りなす様子は何度描いても描き飽きません。都度新鮮なんですよ。だから絵を描くことが辞められないんでしょうね。
Posted by Ryota at 2013年03月27日 10:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/64068510
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

お帰りにクリックいただければ幸いです。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 美術ブログ 色鉛筆画へ

にほんブログ村