2012年10月24日

色鉛筆。海外の風景を描く。


今年の6月、中学校の同窓会がありました。

私は実家ごと引っ越していたため、連絡先不明になっていたせいか1980年以降は同窓会とは割と無縁でした。

そんな中、それでもひょんなきっかけから同窓会の連絡をいただき、30年ぶりに同窓会参加の機会を得ました。

面白いもので、中学時代はほとんど繋がりの無かった同窓生達ともこの年齢になってまた親しい友人関係を築くことができ、非常にありがたく思います。

やっぱりSNSをはじめとするネットの力は偉大ですね。

そんな同窓生の中にイギリスで働いている男がいます。

彼とはFacebookでよく絡みますが、彼は自宅から撮影した庭の写真をアップ。

私が売れない絵描きなのを知っている彼とのやりとりで、その写真を元に絵を描いてみることに。

原則、この目で確認したものを描くことにしていますが、そう簡単に現地に行くこともできず周辺の写真も送ってもらい、早速チャレンジ。

秋の気配を感じる早朝の風景。

日差しと空気を想像しながら描いてみました。

「朝の息吹 Autumn in England」
20121024.jpg

実際に描いてみると、建物が日本と全然違う。

これはもう哲学の違いだな。ちょっと勉強になりました。
posted by Ryota at 08:38| Comment(6) | TrackBack(0) | 色鉛筆画/イラスト
この記事へのコメント
確かに、家の骨組みが想像できません(笑)
それにしても、緑が濃くて羨ましい環境ですね。
Posted by ka at 2012年10月24日 12:22
>kaさん。
ありがとうございます。何か建物の装飾とか屋根の付き方が日本と全く違いますね。単に木造とレンガ造り以外に、建築のベクトルが違うような気がします。
Posted by Ryota at 2012年10月24日 18:06
イギリスのお家のお庭ですね。レンガ造りの歴史ある建物に世話の行き届いたお庭、トテーモ素敵ですね。木々の葉のキラキラ感が本当に良い雰囲気ですね。w (´∀`)ノ

(^ー^)ノシ
Posted by もっずぱんつ at 2012年10月24日 22:05
>もっずぱんつさん。
ありがとうございます!ちょっと日本にはない雰囲気ですよね。この時期、イギリスではこんなに陽光溢れる晴れた朝はまれだそうです。
Posted by Ryota at 2012年10月25日 11:17
ぼっーっとしていたら見てない記事が3つもありました。
一昨年、私も転校して連絡のなかった同窓会にひょんなきっかけで30年ぶりで参加しました。
大人になるのも悪くないもんだと思いました。
表題でご旅行かとおもいきや実際にご覧になってなくて、こんな風に描けるなんて
やっぱり凄腕ですね。
Posted by ましこ at 2012年10月27日 12:03
>ましこさん。
ありがとうございます。ほんと、大人になるのって悪くないです。同級生達から色々なパワーもらってます。今回、別の角度の写真ももらいましたが、やっぱり現地に行きたいですね。
Posted by Ryota at 2012年10月28日 23:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/59476240
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

お帰りにクリックいただければ幸いです。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 美術ブログ 色鉛筆画へ

にほんブログ村