2008年12月18日

スバル、WRC撤退!

つい先日、HONDAがF1撤退を決定したことについて書いたのですが、時を置かずして富士重工のWRC撤退のニュース。

HONDAについては

「まぁ、このご時世だし、F1でも結果が出ていないし、当然かなぁ」という思いでした。

ただ、さすがにGC8乗りの私としては、今回はちょっとショック大きかったですね。

TOYOTAの傘下に入ったとは言え、日本車の中では弱小メーカー 。

企業としてはやむを得ない決定だったとは思います。

なんだかね・・・。

便乗撤退のような気もするのですよ。

昭和から平成に変わる直前の日本全国自粛ブーム!

何かあれを彷彿とさせるような・・・。

いの一番にF1撤退を表明したHONDAは、ある意味立派だった印象がある反面、

今回のスバルは、スズキのWRC撤退発表後にあわてて発表したように感じてしまう。

世の中の流れに反するな、遅れるな、批判を浴びる前に・・・みたいにね。

 

 

モータースポーツに投下される予算は、もちろんただの捨て金ではなく、

重要な販促の一環を占めているわけだし、技術開発&テストの場でもある。

単にレース撤退ではなく、弱小メーカーだからこその工夫を見せて欲しかったという感が強いですね。

 

とは言え、2009年はWRCにおけるレギュレーション変更もあり、

グループNベースのWRカー開発をしていた日本メーカーにとっては不利が予想されていました。

HONDAと同じく、ここ数年結果が出ずフラストレーションが溜まるシーズンであったことも事実。

従業員を切っておいてレースは続ける・・・・では一般消費者の理解も得にくいでしょう。

やはりやむを得ないと思います。

 

WRC19年間の歴史、3人の世界チャンピオン、青いボディに黄色の六連星。

故コリン・マクレーが駆ったマシンと同じモデル名が付いた車を、自分で運転できることに感謝しましょう。

また、WRCに戻ってきてね・・・。

 

しかしそれにしても、これでWRCのワークスメーカーはシトロエンとフォードだけだよ。

フォード?

企業本体があのざまで、参戦できるのか? と思ってしまう私はやはり一般市民だね。

19677_1.jpg

posted by Ryota at 08:45| Comment(12) | クルマ
この記事へのコメント
ありゃ・・・スバルもですか。
前回のHONDAじゃ無いですけど「走る実験室」の言葉は生き残れないのですかねぇ。
いっその事レギュレーションを時代に合わせた新たな部門を作っちゃうとかねぇ・・・「電気自動車」とか「リッター20km制限」「CO2制限」
こっちの方が自動車の未来に効果があるかも。
Posted by ka at 2008年12月18日 10:05
ガソリン価格が下がっても、これでは、
自動車業界も、もう、終わりですね。
脱車社会は、環境を考えれば、自然な流れなのかも。
Posted by あんぱんち〜 at 2008年12月18日 11:17
確かに燃費制限は面白そう…。
「リッター20km制限」観てみたいなぁ。どうなるんでしょ?
賛成!!
Posted by わんだ父 at 2008年12月18日 16:43
WRC自体が、たぶん今までのような形では成立しなくなると、SG5(ターボ)乗りのオヤヂは思うのです。日本だけじゃなく、欧州の自動車メーカーも苦しいはずで、そこに日本メーカーが撤退したら、WRCで勝ってもあまり意味がないでしょう。フォードに関しては欧州フォードも火の車でしょう。
スバルはプロドライブを掌握できなかったのが敗因かと思います。
Posted by Tad at 2008年12月18日 19:42
にわかモーターファンですが、WRCの迫力はF1の比じゃないと思ってましたから、ある意味HONDAよりこちらの方がショックです。
もう北海道にはこないんでしょうか・・・
Posted by 平日 at 2008年12月18日 22:40
あ、余計なことですが、スバルと並んでかつてはWRCで栄華を極めた某社、今回の経済情勢激変でかなりアレな事態になってるとか!Σ( ̄□ ̄;)

アメリカのビッグ3に至っては、もはやチャプター11(会社更生法)による再建ではなく、チャプター7(破産法)による会社整理の方が現実味を帯びてきたとも聞きます。
Posted by Tad at 2008年12月18日 23:01
やっぱり!この記事、来ると思ってました。w
WRC撤退は痛いというか、何か悔しいものがありますね。
今後は環境に優しい車と、新興国向けの悪路に強い小型車がメインになりそうなので、WRC参戦実績は強力な武器になるハズですよね。
スズキが撤退したとなると、インドでの販路拡大のチャンスであったように思います。w
Posted by モッズパンツ at 2008年12月19日 01:59
>皆様、いつもありがとうございます。

>Kaさん。
F1でも来シーズンからエネルギー回生システム導入の検討が進んでいるようですので、いずれにしてもそういう流れにはなると思います。こういった分野は日本が強いんですけどね・・・。

>あんぱんち〜さん。
はじめまして(かな?)。脱車社会・・・というよりは、車を使わない選択しの増大かも。それはそれで大切なことですね。

>わんだ父さん。
実際にはF1であれS-GTであれ、燃費というのは重要なキーワードになっていますよね。HONDAのCVCCなんて、パワーと燃費の両立を目指し、F1からのフィードバックも大きかったと聞いていますが・・。

>Tad先生。
SG5は、以前真剣に乗り換えを考えたことが・・・・(自転車積むのが便利そう)。良いクルマですね〜。中身はインプだし。
プロドライブはあのD・リチャーズの会社ですからね。これを機会にHONDA F1のファクトリー買収を狙っているとか。

>平日さん。
ラリージャパンは隔年開催で行われることが決定しています。再来年にはまた開催されるでしょう。でもそこに日本メーカーは・・・。

>モッズパンツさん。
発展途上国に向かってパイは拡大しいますが、その発展途上国の中から大国候補の国がどんどん安いクルマを作るようになってきていますね。今のうちに日本メーカーは品質を武器に、環境にやさしいクルマをどんどん開発していかないとビッグ3と同じ事にならんとも限りません。そのためのパイは欧米に多くあるわけで、そこへの認知度と商品訴求にモータースポーツは適しているとも言えるように思えます。
Posted by SWEET16 at 2008年12月19日 07:43
スバルの前日、スズキも参戦間もないWRC撤退を発表しましたが、時のいたずらでしょうか。
それにしても、フォードなんかアメリカビッグ3危機とささやかれている中で、レースなど参加していていいのか?とも思わないでもないですが・・・。
HONDAに育ててもらった僕としては、HONDAのみならず、各国各メーカーが思う存分レース活動が出来る世の中に戻ってほしいとつくずく願います。
Posted by eddie at 2008年12月23日 23:07
>eddieさん。
フォード(ヨーロッパ・フォードですが)はWRCを、クライスラーはNASCARを、それぞれ撤退せず続けるようですよ。
これに違和感を感じてしまうってことは、日本メーカー、やはり撤退する方が正解かもしれません。
Posted by SWEET16 at 2008年12月24日 07:54
そういえば今年のパリダカは南米で行われるんですよね。
三菱が残ってくれたので、日本車全滅にはなりませんでしたが、
三菱も売り上げが落ちていて大変なんだろうなぁと。。。
Posted by moonrabbit at 2008年12月24日 11:25
>moonrabbitさん。
そうなんですよね。治安悪化のアフリカから南米へ。これはもう違う大会だと思うんですが・・・。とりあえず三菱は今のところ撤退は発表していないので大丈夫だと思いますが・・・。
Posted by SWEET16 at 2008年12月25日 07:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


お帰りにクリックいただければ幸いです。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 美術ブログ 色鉛筆画へ

にほんブログ村