2013年09月12日

色鉛筆。街の風を描く。


以前、江の島を描いた絵で、海からの風を表現してみましたが、今回は街中の風を描いてみたいと思います。

「風の表現」って光と違って具体的に描くのは難しいですね。
光ならば「影」と「反射」を描くことで表現することが可能です。

「風」は何を描くと表現できるかな。

すぐ思いつくのは、なびいている木々の梢なんかがわかりやすい。
ただ、木々がなびいている様子って結構強風のイメージが強くなっちゃう。

おだやかな、ほのかに頬にあたるような風。

これを表すに的確なのが、江の島でも使った「のぼり」。

海外じゃぁ「旗」なんかがポピュラーかもしれません。

でも日本だと「旗」使うと祝日っぽくなっちゃうし、国旗系は意図しない政治的メッセージになる可能性もある昨今。
(日章旗にせよ旭日旗にせよ変に気を使わず堂々と掲げたいものですが)

で、ポピュラーなのが「のぼり」。

これ、日本特有なんですかね?海外詳しくないのでわかりませんが、少なくともNYとかでたくさん目にした記憶はないな〜。

日本だと、商店街はもちろん、住宅地にも結構な頻度で「のぼり」を目にしますね。
前回上げた板橋区赤塚の住宅地風景にも「ひったくり注意」みたいな「のぼり」あったし。

で、今回の絵は川越の喜多院そば。

喜多院への参道(なのかな?)に建つ歴史ありそうなお豆腐屋さん。

そこにはためく「のぼり」がなんとも印象的だったんですね。

決して強風ではなくいわゆるそよ風ですが、柔らかく空気をはらんで動いている「のぼり」を描くことで風を描けないかな?

と言うことで描いてみました。

臨場感を得るために、建物に貼ってあるポスターなんかもかなり力入れましたが、やはり一番時間かけたのが「のぼり」。

いかがでしょう?

風を感じていただけましたでしょうか?

「風を感じて 川越市久保町」
20130911.jpg

サイズ F6号(410mm×318mm)
制作日 2013年9月
支持体 BBケント紙
画材  カリスマカラー/三菱ペリシア
posted by Ryota at 07:17| Comment(7) | TrackBack(0) | 色鉛筆画/イラスト

お帰りにクリックいただければ幸いです。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 美術ブログ 色鉛筆画へ

にほんブログ村