2013年07月27日

零戦を見る。

久しぶりに絵の話題から離れて・・・。

新所沢のカルチャースクールで絵を教えています。
今日、スクール修了後、時間があったので行ってきました。所沢航空発祥記念館。

俗に言う航空公園にあります。

なぜ、行ったかというと、オリジナル栄エンジンで唯一飛行可能な零式艦上戦闘機五二型が里帰りしているから。

機体は三菱零式艦上戦闘機五二型。中島飛行機小泉製作所にて1943年5月に製造。製造番号5357。
1944年3月、サイパン島の261空に配備。6月にサイパン陥落後、無傷で米軍に接収され、アメリカ本国へ。
その後プレーンズ・オブ・フェイムでレストアされアメリカの航空ショーなどで飛行していました。

過去、1978年と1995年の二回、日本に里帰りしています。

私自身、1995年の竜ヶ崎でのフライトは見ており、その時の零戦の機動や栄エンジンのサウンドには衝撃を受けました。

ただ、間近で実機を見ることはできなかったんですね。

なので、今回、触れそうな近くで見てきました。

何もゴタゴタ言いません。撮ってきた写真を掲載しましょう。

IMG_2263.JPG

IMG_2266.JPG

IMG_2271.JPG

IMG_2276.jpg

IMG_2288.JPG

IMG_2296.JPG

IMG_2301.JPG

IMG_2304.JPG

IMG_2308.jpg

IMG_2319.JPG

IMG_2317.JPG

九九式二号20mm機銃やLEDを仕込んだ九八式射爆照準機なども展示されていました。
床には鏡面シートが敷いてあり、機体下面もよく見えるようにしてあります。

70年前の日本技術の結晶。堀越二郎さんの仕事の結実。

例のアニメ公開の影響か、設計者・堀越二郎さんの展示もかなり多かったですね。

ですが個人的に感じたんです。
与えられた様々な条件と制限。その中で最大限力を尽くし「これ以上無い」というレベルで結実した努力の結晶を前にすると、後世センチメンタルなアニメの主人公にされていることを、この偉大な設計者はどう思っているんだろうと。


posted by Ryota at 22:01| Comment(3) | TrackBack(0) | 飛行機

お帰りにクリックいただければ幸いです。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 美術ブログ 色鉛筆画へ

にほんブログ村