2013年06月26日

色鉛筆。季節の花を描いてみる。


人によって得意な画題ってありますよね。

ご存知のように私の芸風は日常的な風景画にあるわけです。
ただ、いつも同じ風景画ではさすがに飽きるわけで、その時には飛行機描いたりまれに人物描いたりしています。

そんな中で一度も描いたことないのが「花」。

風景画としては桜を主題に描いたことはありますし、人物画のバックに花があるのも描いたことはあります。

でもいわゆる主題としての花は描いたことがない。

なぜなら、全く私に似合わない。わはは。

実際、花、知らないですしね。桜とチューリップとひまわりくらいしか区別付かんぞ。

そんな中でもさすがに「あ〜この花なら知っているぞ」というのが「あじさい」。

まぁ、季節柄もぴったり。

Facebookでお知り合いになることのできたSさんが、実に粋な生け方をされているあじさいをご自分のページにアップされていました。

見た瞬間、「あ〜、これ描いてみたい!」となりまして、お願いして角度を変えて撮影していただいた写真を数枚送っていただきました。

それを頭で再構成して描いてみたのがこの絵。

どちらかというと花そのものより構図や配色に気を使いました。

全体的に左下に主体を置いているのは、花そのものが中心にくるように配置したということもありますが、できれば大きい空白を活かして空気感のようなものを出したかった意図もあります。

また、バックの処理も最初は写真の背景にあった「赤」で処理をしていたのですが、どうも花自体と喧嘩しそうなので、塗った後からやり直し。
すべて消しゴムで一度赤を除去してから「黒」で塗り直しました。

黒にしたおかげでより花が際立つようになりました。

雨の一日の静寂さ、落ち着き、そんなものが表現できていると良いなと思います。

「Rain Song」
20130626.jpg

サイズ A3(297mm×420mm)
制作日 2013年6月
支持体 ハーネミューレ・ボタニカル紙
posted by Ryota at 07:47| Comment(6) | TrackBack(0) | 色鉛筆画/イラスト

お帰りにクリックいただければ幸いです。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 美術ブログ 色鉛筆画へ

にほんブログ村