2013年06月06日

色鉛筆。正しい東京の路地を描く。


この間のグループ展用に描いたB2サイズの「ヒマラヤ杉」。

谷中の名物お菓子屋さんの前にある立派な木を描いたのですが、「ヒマラヤ杉と谷中の暮らしを守る会 」のサイトに取り上げていただけました。

この会、土地の売買などで景観保存に危機感抱いた方たちが立ち上げたものですが、私も谷中の景観はずっと残って欲しいですね。
絵描きとして作品がそのお役に立てるのであれば大変光栄です。

さて、今回の絵はそんな谷中の風景から。

もう谷中はどこでも絵のネタになるのですが、ここも谷中霊園のすぐそば。

人通りの多い通りからちょっと目を向けると、こんな風情ある路地があったりします。

「自動販売機のある路地 台東区谷中」
20130606.jpg

サイズ P10号(530mm×410mm)
制作日 2013年6月

こういう路地だと、普通は自販機のキツイ原色は台無しになるところですが、私的には何だかおもしろいんだよな〜。
これも東京の正しい姿。

しかしこの絵も止め時が難しかった・・・。
描いても描いても描くところが沢山あるようで。

今年になってからP10号(530mm×410mm)というサイズを中心に描いてきました。
大きい絵(色鉛筆にしては)も楽しいですが、ちょっと今後は少しサイズを小さくしようかな。
小さめのサイズで丁寧に描き込む・・・ってのも良いかもしれないと思う今日この頃。
posted by Ryota at 09:23| Comment(9) | TrackBack(0) | 色鉛筆画/イラスト

お帰りにクリックいただければ幸いです。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 美術ブログ 色鉛筆画へ

にほんブログ村