2013年04月24日

色鉛筆。珍しく観光地を描いてみる。



先々週、思い立って江ノ島までBRZで行ってきました。

ちょっと前にテレビで取り上げられていたUSB猫を探しに行ったわけじゃなくて、シラスが解禁になったんで生シラスを食べに(笑)。

夏やGWのシーズン前でしたが、けっこうな人出。

せっかくなので絵のネタもたくさん仕入れたんですが、やっぱりあまり人が写るところは描きたくない。

で、好物はもう人の入り込まない路地裏だったりするわけです。

だったら江ノ島じゃなくても良いじゃんって話ですが・・・(笑)。


今回の絵の舞台は、江ノ島の入り口から弁天様へ向かって登って行くメインストリート、そこからちょっと入る路地ですね。

ここだけ切り取ると、当然ながら海は見えないのでまったくどこだかわからない。

それでも、路地に注ぐ明るい日光と、風景を写す土産物屋さんのガラス。

これだけでもう「描きて〜」となるわけです。


ただ、反射はやはり難しいですね。

水面なら波紋などでごまかしも効くのですが、ガラスの場合完全なフラットな面。

そこへの反射と、透過してガラスの向こうの景色。

これをブレンドして描かないといけない。

ある意味、テカテカの金属などより難しい。

できるかぎり左側に描いた風景をそのまま右側のガラスに映すという、アナログならではの苦労をしながら描写。

こうしてみると・・・う〜ん、もうちょっとかな。

まだまだ勉強でございます。


「江ノ島散策 藤沢市江の島」

20130424.jpg

サイズ P10号(53cm×41cm)
制作日 2013年4月

posted by Ryota at 08:26| Comment(6) | TrackBack(0) | 色鉛筆画/イラスト

お帰りにクリックいただければ幸いです。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 美術ブログ 色鉛筆画へ

にほんブログ村