2013年02月28日

色鉛筆。風景画はこうやって描いている!メイキングその1。


pixivなんかに絵をアップしていると、メイキングを見せてくださいなんて要望がけっこうあります。
ありがたいことですね。

一応、これでも絵の描き方を教えている身でもありますし、奥ゆかしくワザを隠すほどのテクニックでもありません。
前にもやりましたが、ここらで一発かなり詳しくメイキングを公開しちゃいましょう。

題して「風景画はこうやって描いている!メイキングその1」


んじゃぁ、早速。

今回は5月のグループ展に向けて、テーマを決めて描いています。
その中から1枚を仕上げるまでリアルタイムで公開しましょう。

サイズはP8号(455mm×333mm)。

ギャラリーの規格で今回はパネルにケント紙を水張りします。
8号以上のサイズであれば、紙だけで描くよりもパネルかケントボードの方が描きやすいと思います。

IMG_1150.jpg

張り上がったパネルに20mm間隔でグリッドを引いていきます。方眼にする要領で。
中心の十字のみベージュ、後の線はブルー系で引いていきます。
IMG_1153.jpg


今回のネタになる風景写真をプリントアウト。

私はAdobe Photoshopでトーンカーブをいじり、明度を変えた物2枚作成しています。
いずれの写真もAdobe Illustratorで15mm間隔でグリッドを引いておきます。
IMG_1155.jpg

15mmグリッドの写真から20mmグリッドのパネルへ・・・。
つまり元の写真から133.3333・・・%拡大した絵をかくわけですね。

このグリッドによって、元写真から比較的正確に絵を描くことが出来ます。
ただし、カメラのレンズ効果で不自然なパースがかかることも多いので、完全に写真を写すことはせず自分なりの感覚で描き変えます。

早速下書きに取りかかります。

以前はグラファイト鉛筆で下書きしてましたが、鉛筆の線が少しでも残ると色鉛筆塗った時に濁るので、今は色鉛筆で下書き。

絵にもよりますがベージュ(Beige)かライトアンバー(Light Umber)使うことが多いですね。
IMG_1156.jpg

所々ダークアンバー(Dark Umber)なども使いながらこんな感じで下書きします。
IMG_1157.jpg

下書きはこれで十分。

早速色を塗っていきます。

どこから塗るか? もうそれはその時の気分次第。

ですが、やはり下地となる色から塗っていきます。

私の場合は黄色系から塗っていくことが多いですね。

樹木、道路、家の壁面や光の当たったコンクリートなど、空以外の場所はほとんど黄色成分を含んでいます。

今回は木々の下地から・・・。ごく普通の黄色(Canary Yellow)で塗っていきます。
IMG_1158.jpg

IMG_1159.jpg

次に道路。

ここは黄色でも良いのですが、影になる部分なので黄色よりも彩度が低めのベージュ(Beige)を塗っていきます。
IMG_1160.jpg

同じように家の壁面も。
IMG_1161.jpg

コンクリート製の壁(塀)も同じように。
IMG_1162.jpg

ベージュ(Beige)の色鉛筆が短くなってきたので描きにくい。そこで瞬間接着剤・・・。
IMG_1163.jpg

新品の色鉛筆に接ぎ木しちゃいます(笑)。
IMG_1164.jpg

これはお尻が平らなカリスマカラーならではのワザ。

さて、今度は道路でも滑り止めのついた場所。かなり赤い色なので、「Terra Cota」という赤茶系の色で塗っていきます。
IMG_1165.jpg

ザクザクとクロスハッチングで。このあたりは意外にラフな感じですよね。
IMG_1166.jpg

パネルをぐるぐる回しながら・・・・。
IMG_1167.jpg

シコシコと塗り込めていきます。
IMG_1168.jpg

道路の塗りむらをクリーム系(Cream)で混色していきます。
IMG_1169.jpg

コンクリート製の壁面も明るい所はクリーム系(Cream)で。
IMG_1170.jpg

IMG_1172.jpg

ゴツゴツしたコンクリートの塊などは、クリーム系(Cream)の上からグレー系(French Gray70%)で表情を付けていきます。
IMG_1173.jpg

他の場所も・・・。
IMG_1174.jpg

ということで、続きは次回!!


posted by Ryota at 19:07| Comment(4) | TrackBack(0) | 色鉛筆画/イラスト

お帰りにクリックいただければ幸いです。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 美術ブログ 色鉛筆画へ

にほんブログ村