2013年02月13日

色鉛筆。逆光を描き倒してみる。


前々回に描いた「吹上観音 和光市白子」の場所から、200mほど坂を登って行くと実に良い風景が現れます。

このあたりは武蔵野崖線と白子川沿いの低地が入り組んでおり、高低差がたくさんある地形。

そこに武蔵野を思わせる雑木林がまだあちこちにあり、東京(東京近郊)とは思えないのどかな風景が広がります。

吹上観音のある交差点から、ちょうど笹目通りと白子川に挟まれるように道が伸びています。

そこからちょっと台地の方へ坂道が伸びているのですが、まさに私を誘っているかのような道。

フラフラと上がっていくと、ふつ〜の住宅地なのですが実に魅力的。

さらに歩いて行くと、右手が上り坂、左手が下り坂(こっちがもとに道に戻る)の三叉路。

しかも分岐点の森にはお稲荷さん!

森の木立には背後から傾きかけた陽が注ぎ、鳥居や木の幹にキラキラと反射している。

これを描かずに何を描くのか??と、小一時間・・・・ww


逆光のなかでは正面に見える物体がほとんど影になります。

で、輪郭にうっすらとハイライトが現れる。これをデザインナイフでそぎ落とすようにラインを入れて表現します。

アスファルトの微妙な凸凹やマンホールにも光は反射します。

葉も陽を受けているところはほぼ白に近い黄色に反射しています。

これらも黄色をベースに塗り、その上からグリーン、ダークアンバーで影を付けた後デザインナイフで処理。

影とハイライト。これを交互に描いていくことで逆光の表現をしています。

夢中で描いた一枚ですね。


このあと左の坂を下りておうちに帰りました。


「おうちに帰ろう 和光市白子」
20130213.jpg

サイズ F8号(38cm×45.5cm)
制作日 2013年2月
posted by Ryota at 08:43| Comment(3) | TrackBack(0) | 色鉛筆画/イラスト

お帰りにクリックいただければ幸いです。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 美術ブログ 色鉛筆画へ

にほんブログ村