2012年10月18日

色鉛筆。久しぶりに静物を描く。


自分の芸風は、「色鉛筆で油絵風に描く風景画」かな?と思っているわけですが、

やっぱり風景ばかり描いているとたまには他のモノを描いてみたくなる。

人物画はどうもへたくそなので、自然と回避しちゃうことが多いし、なかなか描く機会に恵まれません。

たまに描く機会をいただいても、なかなか「これ!」って作品にならないところが悩ましい。

まぁ、もっと練習しろよって話ですが。


じゃぁ何を描くのか?となると自然に静物画になりますね。

あ、生物も良いなぁ。しばらくネコ描いてない・・・。


ま、とりあえず今回は生物・・じゃない静物。

自分の作業机の反対側にあるCD棚にクロスを敷き、

手近にあるもろもろをグダグダ並べ・・・。

最初はライティングして色々角度を見ていたんですが、今ひとつピンとこない。

翌日の午後、窓から自然光が入るとこれが思いの外良い感じに。

そのままの状態をまずカメラに納め、スケッチ開始。


今回は、ガラス瓶、金属製の器、木製のデッサンモデル、プラスティック製のメトロノーム、皮(合成だけど)のケースに入っているスキットル、ガラスに金属製のふたと飾りがついている器、金属製の音叉と、布。

まさに素材感満載となりました。

キモはそれぞれの光と影。

素材によって光り方が違います。これは素材によって反射率が異なるので当たり前なのですが、そこを描き分けられないと素材感が出ない。

あとはそれぞれの位置関係を考えながら、物体同士の映り込みなどを確認して描き込んでいきます。

思いの外楽しかったですね。

素材感、出てますでしょうか??

「音楽のある静物」
20121018.jpg

posted by Ryota at 08:34| Comment(4) | TrackBack(0) | 色鉛筆画/イラスト

お帰りにクリックいただければ幸いです。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 美術ブログ 色鉛筆画へ

にほんブログ村