2012年09月27日

色鉛筆。コントラストのある風景を描く。


さて、久しぶりにオーソドックスな風景画を描いてみたいと思います。

何気ない風景を描くのが好きですが、そこはそれ。

やっぱり何らかしら目を引く物があると、描くモチベーションがあがりますね。

珍しい建物や風光明媚な場所も目を引きますが、

私の場合、強烈な明暗差や土地の高低差などがモチベーションとなります。


川が近くにあると、必ずその土地には高低差ができます。

身近なそういう場所に目を付けておき、午後の太陽が少し傾いた頃に訪れると、まさに描きたくなる風景が姿を現します。


「日差しの中 新座市新座」
20120927.jpg

これで家々が石造りで遠景に教会の尖塔でもあれば、まさにヨーロッパの郊外のような風景になりますが、残念ながらただの純和風住宅地。

空にはこれでもかと電線が張り巡り、純日本風アパートと建て売り住宅が並びます。

ま、でもこれが我々の住む日本の風景。

こうやって見ると、それなりに見えてきませんか?

(見えなければ私の画力の問題。わはは)

電線は随分省略しましたけどね。

posted by Ryota at 08:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 色鉛筆画/イラスト

2012年09月20日

色鉛筆。「赤」を印象的に描いてみる。


さて、お気楽にクルマのインプレばかりやっていないで絵を描けと言われそうなので・・・。

私が好きな色は「黄」「オレンジ」「赤」。

特に黄色が好きで、以前はクルマも黄色(Impreza WRX-STI GC8)、自転車も黄色(InterMax Sports RAYS)。

ところがクルマは買い換えしたときに黄色の設定がなく、黄色の反対色であるブルーを選び、
自転車は交通事故でつぶされて、買い換え時にやはり欲しい車種に黄色がなく、次善の赤を選択。

クルマで「赤」はかなりインパクトが強く、何となく赤をまとう「資格」をドライバーに要求してきます。

ロードバイク(自転車)は色を付ける部分がほとんどフレームだけですので、「赤」差し色的に使うことも可能。
また、レースにも使いますので「赤」のパワーにあやかりたい気持ちもありますね。


そんな「赤」を効果的に絵にしたい。

ということで、自分のレース用ロードバイク、Anchor RHM9 2008年モデルを描いてみました。



以前は結構精力的にレースやイベント出ていましたが、最近はなかなかレースに出る機会もなく・・・。

もっぱら職場への往復とたまのロングライドになっちゃいましたが、
今でもレースに出る前の日は自転車整備したり準備で結構ワクワクするものです。

そんな感覚で描いてみました。

しかしジャンル的にこれは何になるのだろう?

静物画?

でも動くしな。だからって動物画じゃないよな。

「前夜 Anchor RHM9」
20120920.jpg

posted by Ryota at 07:47| Comment(7) | TrackBack(0) | 色鉛筆画/イラスト

2012年09月17日

BRZでちょっと遠出をしてみよう。


さて、BRZが納車されてから一週間。

せっかくの三連休なので、どこか行きたい。まだ夏休みも取ってない。

またホキ美術館でも行きたいなと、仕事もせずにネット検索していると、ちょっとおもしろそうなレストランを発見。

土気のホキ美術館からさらに九十九里の方へ行ったところにあるイタリアンレストラン。

評判もなかなか良さそうなので、食いしん坊の相方と行ってみた。



続きを読む
posted by Ryota at 22:22| Comment(2) | TrackBack(0) | クルマ

2012年09月12日

色鉛筆。晩夏の夕暮れを描く。


いつまでもクルマで浮かれているわけにはいかないので、絵も描きます。

何度かお知らせしておりますが、現在都内2カ所、3つの教室で色鉛筆画の講師をさせていただいています。

場所はアリオ北砂で毎月第4金曜日 19:00〜21:00第4土曜日 13:00〜15:00
イトーヨーカドー武蔵境店で毎月第3水曜日 19:00〜20:30

そんなわけで今の時期、北砂の金曜日は美しい夕暮れの中到着することになります。

海も比較的近く、運河を渡る橋などもあり実に趣深いのですが、やはり絵の題材としてお世話になっている夕暮れに佇むモールも描いておきたい。

秋分の日を過ぎれば昼の方が短くなり、モールに到着する頃はすっかり暗くなってしまうでしょう。

晩夏のこの時期だけ、美しい夕暮れとモールの照明が織りなす風景に出会えます。

「夕暮れのモール 江東区北砂」
20120912.jpg
posted by Ryota at 08:27| Comment(6) | TrackBack(0) | 色鉛筆画/イラスト

2012年09月09日

SUBARU BRZ納車!


SUBARU BRZが9月8日の土曜日に納車されました。

前車SUBARU IMPREZA WRX-STI A-Line(GRF)を4月に手放して以来、5ヶ月間クルマなしの生活でした。

インプGRFは非常に良いクルマでした。

自転車レースに出た後、自転車を積んで長距離を走って帰ることを想定し、ハッチバックのオートマチック車を選びました。

ユーティリティは確かに優れていたと思います。

ただ、300馬力超のエンジンとは言え、ほぼ1.5トンの車重。

はじめてのトルコンオートマで次第にだらしなくなる運転。

街乗りでリッター6km程度の燃費。

245/40R18という非常に高価なタイヤ。

このような要因からこれから何年も乗っていけるだろうか?とちょっと疑問符がついていました。


そんな時に発表されたのが、トヨタとスバルの共同開発による86/BRZ。

前々車がインプWRX-STI GC8だったこともあり、再び軽く、小ぶりで振り回せそうなマニュアル車に乗ってみたくなりました。

残価設定ローンの残価を精算し、車検費用分を頭金にしても現在のローンとほぼ同額で乗り換えられそうとの見積もりで、GRFの車検のタイミングで思い切って乗り換えを決意。

ところが生産が追いつかず、3月オーダーの時点で納車予定が8月。

4月半ばでGRFを手放してクルマなしの生活がスタート。

春から夏という行楽シーズンを完全にクルマ無し。当然ながら宿泊を伴う遠出する自転車レースも無し。

とは言え、日常生活ではさほど不便さも感じなかったのも事実。

都内で生活している限り、クルマ無くても十分支障はないというのも改めて認識。

まぁ、でも今までクルマがあったのが急に無くなってしまうと、やはり不便。

がまんしつつ5ヶ月。

生産ラインはスバル太田工場のみ。トヨタ86もここで作っている。

どうしても販路の大きさからスバルが割を食う形になり、生産は遅れ気味。

ようやく8月末にディーラーから連絡いただき、9月8日に待ちに待った納車。

IMG_0356.JPG

IMG_0353.JPG

IMG_0355.JPG

9日の日曜日には、早速高速性能を試したく外環に乗ってレイクタウンまで。

納車後1日で100km以上走行。自転車と違いクルマだと100kmはあっという間だな。

やはり軽い。

馬力もパワーウエイトレシオもインプGRFの方が上なはずだけど、BRZの方が遙かに軽快。

MTBとロードバイクくらい差がある(当社比)。

車格も小ぶりになったせいか、クルマの端々まで神経が届く感覚。

やはり自分にはマニュアル車が合っているんだな。

クルマを運転している感覚。

4輪駆動からFRになったわけだけれど、違和感はほとんど感じない。

思った通りのラインをきれいにトレースしてくれる。

まぁ、まだ優しい運転しかしていないわけだけど、是非峠に持ち込みたいと年甲斐もなく考えてしまう。

今後が楽しみなクルマ。良い相棒になってくれそうです。

posted by Ryota at 22:57| Comment(11) | TrackBack(0) | クルマ

お帰りにクリックいただければ幸いです。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 美術ブログ 色鉛筆画へ

にほんブログ村